SMBCモビットの評判は悪い?審査・金利を徹底解説!

「SMBCモビットの評判が知りたい」

「SMBCモビットの審査スピードや難易度は?」

「SMBCモビットの金利は高いの?」

この記事では、SMBCモビットの上記のような疑問について解説していきます。

SMBCモビットは知名度の高い大手消費者金融です。

カードローンをSMBCモビットで検討しているという方も多いのではないでしょうか?

SMBCモビットの概要をメリット・デメリット踏まえて詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね!

SMBCモビットとは?サービス概要を解説!

SMBCモビットの概要

限度額800万円
金利3.0%~18.0%
対象年齢満20歳~69歳
保証人不要
返済方法口座引き落とし・銀行振り込み・提携ATM
審査時間最短30分

SMBCモビットについて調べると、「家族や会社の人に内緒で借り入れができる」と記事があるので驚いた人も多いのはないでしょうか?もし事実であれば、内緒で借り入れがしたい人にとっては耳より情報ですよね。

今回はSMBCモビットのサービス概要から、カードローンのお話をします。SMBCモビットで借り入れを検討しているのであれば、参考にしてみてください。

\ WEB完結 /

SMBCモビットに申し込む

WEBなら勤務先へ電話連絡なし

SMBCモビットの良い評判

カードローンを検討する際に重要なのは、各社のメリットとデメリットの比較です。

SMBCモビットならではのメリットをご紹介するので、比較材料として利用してください。

家族や会社に内緒で借り入れができる

実は、SMBCモビットは勤務先に電話をしないと公言しています。詳しくは後述しますが、在籍確認を行いません。

また、Webで完結する申し込みはほとんどなく、インターネットを利用して申し込みはできても在籍確認をしたり、郵送でカードが届いたりするのが一般的です。

しかし、SMBCモビットは、Webで完結申し込みが可能であるため、電話や郵送が一切ありません。

Webで手続きが完了するので、申し込み者の手間がなく、独自のメリットです。

審査時間が最短30分

SMBCモビットの審査にかかる時間は最短30分と対応が早いです。

審査スピードの早いカードローンは、手間がかからないので、申し込み者にとって大きな利点です。

申し込みの時間帯や曜日によっては翌日以降になる場合があるので、気を付けましょう。

 即日融資に対応

最短30分のスピーディな審査に加え、翌日融資に対応しています。

自社契約機を所有しているため、即日融資を受ける可能性があるので、必要な時にすぐに力になってくれます。

そして、Web完結申し込みを利用すれば、申し込み当日に融資してくれます。

注意点としては、土日の申し込みは翌営業日の振り込みになります。

アプリを使ってカードレスで借り入れ可能

SMBCで契約した後ATMでキャッシングするにはモビットカードが必要です。

もし、モビットカード自宅に忘れた上突然の出費に遭遇した場合、アプリがあればカードレスで借り入れができます。

モビットカード番号をアプリに登録しておくだけで、カードを持ち歩く必要がなく、振り込みキャッシングやセブン銀行ATMでのキャッシングが可能です。

また、セブン銀行であれば24時間キャッシングが可能なので、夜中でも安心です。返済もカードレスで行えます。返済日にカードを忘れてしまった場合でも、アプリとセブン銀行を使えばカードレスで返済可能です。

非常に便利な機能なので、セブン銀行が近くにあればぜひ利用しましょう。

高齢者でも借り入れができる

通常、65歳を条件としているカードローンが多くある中で、SMBCモビットは69歳まで借り入れが可能です。

気軽にキャッシングできるのは、SMBCモビットの特徴です。

\ WEB完結 /

SMBCモビットに申し込む

WEBなら勤務先へ電話連絡なし

SMBCモビットの悪い評判

誰にも内緒で申し込み当日に融資してくれる大きな利点があるSMBCモビットですが、デメリットもあります。

いくつかご紹介するので、確認しておきましょう。

無利息期間がない

SMBCモビットには、無利息期間がありません。

無利息サービスとは、いわゆる「○日間は利息がつきません」の無利息期間を設けるサービスです。

無利息期間を設ける銀行や消費者金融が多数ありますが、SMBCモビットは対応していません。

したがって、短期間での借り入れと返済を行う場合は、SMBCモビットの申し込みを一度待って、無利息期間のあるカードローンの利用を検討しましょう。

返済に手数料がかかる

SMBCモビットの返済には、

  • 口座引き落とし
  • 銀行振り込み
  • 提携ATM

が利用できます。

しかし、銀行振り込みと提携ATMから返済する場合は手数料がかかります。

銀行振り込み:金融機関によって異なる

提携ATM:利用額1万円以下で手数料108円、1万円超えで216円

口座引き落としは手数料がかかりませんが、以下の銀行のみが自動引き落としの対象です。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

有人店舗とATMが存在しない

SMBCモビットには、有人の店舗がありません。

対面で担当者と相談しながら決めたい人にとっては、デメリットです。

申し込み方法が、

  1. インターネット
  2. ローン契約機
  3. 電話

の3つしかないため、話をしたい人は自ずと電話になるでしょう。

そして自社ATMもないので、提携ATMを利用するしかありません。

三井住友銀行は手数料が無料ですが、その他のATMでは手数料108円~216円かかります。

\ WEB完結 /

SMBCモビットに申し込む

WEBなら勤務先へ電話連絡なし

SMBCモビットの利用限度額と金利

SMBCモビットの利用限度額と金利のお話をします。

SMBCモビットは、消費者金融事業者であるため、一般的なカードローンと違い、利用限度額のシステムが少々独特です。

一つずつ確認していきましょう。

SMBCモビットの利用限度額

SMBCモビットの利用限度額は、800万円です。

しかし、前述した通り、SMBCモビットは消費者金融事業者であるため、「総量規制の対象」になります。総量規制とは、個人が借り入れをする際に、借り入れ上限が年収の1/3になる仕組みです。

つまり、年収が600万円の場合は、200万円までしか借り入れができません。

そして総量規制の「年収」とは、下記のものが対象です。

  • 給与
  • 年金
  • 不動産の家賃収入
  • 年間の事業所得

下記のような収入は年収としてカウントしません。

  • ギャンブルによる収入
  • 保険金
  • 宝くじの当選金額
  • 投資の利子や配当収入
  • 土地や建物の資産譲渡の収入
  • 退職金

以上をカウントしない収入が、総量規制の年収に該当すると認識しておいてください。

そして、年収が600万円であるからといって、必ず200万円の融資があるわけではなく、返済能力を計算した結果、年収の1/3以下に設定するケースもあります。

したがって借り入れの際は、年収の1/3の7割から8割くらいと考えておきましょう。

SMBCモビットの金利

SMBCモビットの金利は3.0%~18.0%と、他社と比較しても標準的な金利を設定しています。

消費者金融の中で考えると不思議な金利ではありませんが、銀行のカードローンと比較すると高めです。

大手の消費者金融と比較してみましょう。

事業者金利利用限度額
SMBCモビット3.0%~18.0%800万円
アコム3.0%~18.0%800万円
プロミス4.5%~17.8%500万円
アイフル4.5%~18.0%500万円

上記の通り、他の消費者金融と比較すると、標準的な金利です。

下限金利はアコムと並んで一番低いですが、はじめて消費者金融借り入れする場合は、大体最高の18%になります。

\ WEB完結 /

SMBCモビットに申し込む

WEBなら勤務先へ電話連絡なし

SMBCモビットの審査

SMBCモビットの審査について解説します。

申し込み条件は以下のとおりです。

  • 満20歳以上69歳以下
  • 安定した収入のある人

雇用形態には不問のようで、パート、アルバイト、派遣社員等など幅広く対応しています。

正社員でなくても申し込みが可能であるため、他社よりも融資に積極的です。幅広い年齢にも対応してくれるのも嬉しいですよね。

そしてSMBCモビットの審査の特徴として、「10秒審査」をします。

10秒審査では入力した内容によって借り入れができるかどうかをその場で判断するもので、必ず行います。本審査に入るのは、10秒審査をした後です。

審査基準

審査基準は公開していません。

しかし、確実に審査しているポイントはいくつかあります。

  • 収入
  • 他社からの借り入れ金額
  • ローンやクレジットの支払い状況

まずは収入から申し込み者の返済能力をチェックします。

SMBCモビットの場合は、申し込みフォームに「税込み年収」と「利用限度額」を記入しなければなりません。

希望利用限度額は年収や他の業者からの借り入れ状況もチェックした後に設定するので、自分の収入に見合わない金額を記入していると審査に落ちる場合があります。

前述した通り、安定した収入があるかどうかを審査するために、勤務先の情報からチェックしている可能性があります。

SMBCモビットは消費者金融事業者であるため、総量規制を超えた金額の借り入れは不可能です。

例えば年収が600万円場合、総量規制に従うと200万円までの借り入れが可能ですが、他の業者から100万円を借り入れている際は、新たに借り入れできるのは100万円までです。

希望利用限度額の記載の際は、借り入れたい金額だけではなく、「きちんと返済できるかどうか」も考えて希望金額を提出しましょう。

また、クレジットやローンの契約や利用情報を記録した、「信用情報」も確認します。信用情報は、申し込み者に信用力があるかどうかのチェックであるため、クレジットやローンの滞納や、債務整理をしていた場合は返済能力が低いと判断する傾向があります。

審査難易度

申し込み対象の年齢の広さや、職業や雇用形態をあまり問わない傾向があるので、消費者金融の中では、比較的審査通過しやすいです。

在籍確認

在籍確認とは、申し込み書に記載した勤務先情報に、担当者から連絡して「きちんと記入した勤務先で働いているか?」を確認する作業です。

通常、カードローンの借り入れの際は行っている銀行や消費者金融が多くありますが、SMBCモビットのWeb完結申し込みに限り、在籍確認を行いません。

つまり、周りの人にカードローンの借り入れをしている事実を内緒にできます。

しかし、在籍確認をしないWeb完結申し込みをするには条件があります。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを持っている
  • 社会保険証、組合保険証を持っている

上記2つの条件を満たしていないと、Web完結申し込みができないので注意してください。

Web完結申し込みだけ在籍確認を行いません。

つまり郵送や電話で申し込みをした場合は、在籍確認を行います。

審査スピード

SMBCモビットの審査時間は最短30分です。

しかし、申し込みの時間帯や曜日によっては翌日以降になる場合があります。

\ WEB完結 /

SMBCモビットに申し込む

WEBなら勤務先へ電話連絡なし

SMBCモビットの申込みから借入までの流れ

SMBCモビットの申し込みから借り入れまでの流れを確認しましょう。

有人の店頭がないため、Webや電話での申し込み方法となります。申し込み方法はいくつかあるので、別々にご紹介します。

また、必要書類も後述しますので、確認してください。

パソコンやスマートフォンで申し込み

パソコンやスマートフォンでWeb上から申し込みが可能です。

Web上で必須項目の入力をした後、審査結果が電話かメールで届きます。

審査に通過すれば、後日入会申し込み書が自宅に届くので、申し込み書を返送すれば利用ができます。

\ WEB完結 /

SMBCモビットに申し込む

WEBなら勤務先へ電話連絡なし

ローン契機で申し込み

三井住友銀行内に設置してあるローン契機から申し込みが可能です。

画面の指示に従って必須項目を入力すればその場でカードが受け取れます。確認が必要な部分は後ほど電話がくるので対応しましょう。

電話終了後に本審査を行います。メールで審査の結果が届きます。通過していた場合、自宅に入会申し込み書が届くので、返送すれば契約完了です。

電話での申し込み

電話で申し込みをする際は、電話で必要事項を伝えて連絡を待ちます。

審査が完了すると、折り返しの電話がかかってくるので、対応してください。

審査に通過していれば、後日入会申し込み書が届くので、必要事項を記載して返送すれば契約完了です。

モビットカードが同時に届きますが、希望すれば近くのローン契機で受け取れます。

郵送での申し込み

郵送で申し込みをする場合は、近くの三井住友銀行から入会申し込み書を送付してもらうか、コールセンターに連絡する必要があります。

入会申し込み書に必要事項を記載し、必要書類を同封して郵送します。審査結果は電話のみなので、忘れないようにしましょう。

通過していた場合は後日、契約内容確認書やカードが届きます。

以下は必要書類です。借り入れの際の参考にしてください。

本人確認書類(2点)
※マイナンバーカードの提出の際は、マイナンバーが記載してある箇所を隠す必要あり
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・マイナンバーカード
・特別永住者証明書
・公共料金の領収書
収入証明書・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細(2ヶ月)

収入証明書の提出は必須ではありません。

しかし、

  • 希望の借り入れ額が50万円を超える場合
  • SMBCモビットの契約額と他の業者から借り入れている分を合わせて100万円を超えている場合

上記のどちらかに該当する場合は必須です。

該当しなくても収入証明書の提出が必要になるかもしれないので、注意してください。

SMBCモビットの返済方法

SMBCモビットの返済方法は3つあります。

  1. 口座引き落とし
  2. 銀行振り込み
  3. 提携ATM

SMBCモビットでは、

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

いずれかの口座を持っている人だけが自動引き落としが可能です。

上記の口座を持っていない場合、銀行や提携ATMで返済するしかありません。

また、インターネットバンキングを利用した返済方法は存在しません。

返済期日は、以下のいずれかから1ヶ月に一度、自分の都合に合わせて選択できます。

  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 毎月末日

月々の返済額は、最終借り入れ後の残高に応じて変わる借り入れ後残高スライド元利定額返済方式です。

返済額金額は以下の通りです。

最終借り入れ後残高返済額
10万円以下4,000円
10万円超過、 20万円以下8,000円
20万円超過、 30万円以下11,000円
30万円超過、 40万円以下11,000円
40万円超過、 50万円以下13,000円
50万円超過、 60万円以下16,000円
60万円超過、 70万円以下18,000円
70万円超過、 80万円以下21,000円
80万円超過、 90万円以下24,000円
90万円超過、 100万円以下26,000円

100万円超過の場合最終借り入れ後残高が20万円増すたびに、返済額が4,000円追加となります。

SMBCモビットがおすすめな人

SMBCモビットで借り入れをするのにおすすめな人はどういった人でしょうか?特徴をご紹介します。

できるだけ早く借り入れがしたい人

SMBCモビットは申し込み当日から借り入れができる場合があるので、できるだけ早く借り入れがしたい人に向いています。

急遽お金が必要になった人などが向いています。

家族や勤務先の人に内緒にしておきたい人

カードローンの借り入れを隠しておきたい人にも向いています。

Web完結申し込みで密かに借り入れをしたい人に向いているでしょう。

カードローンの返済でTポイントを貯めて少しでもお得にしたい人

SMBCモビットでは、カードローンの返済と同時に、Tポイントが貯まるサービスを提供しています。

利用方法は、契約完了後にTポイントサービスの利用手続きを行うだけです。

返済のうち、利息分200円のにつき、1ポイント貯まります。そして1ポイント1円相当として返済に利用もできます。1ポイント単位から利用できるので、お得に返済が可能です。

全国の提携先で利用できるので、Tポイントを貯めたい人には向いています。

\ WEB完結 /

SMBCモビットに申し込む

WEBなら勤務先へ電話連絡なし

まとめ

SMBCモビットの概要からお伝えしました。

在籍確認の必要がない消費者金融は非常に珍しく、SMBCモビットの特徴ですが、総量規制や返済手数料などの銀行カードローンではあまり耳にしないシステムがあるため、借り入れの際はよく確認してから行いましょう。

短期間での借り入れに適しているサービスではないので、短期間での借り入れを希望しているのであれば、他社を検討してみてもよいかもしれません。

\ WEB完結 /

SMBCモビットに申し込む

WEBなら勤務先へ電話連絡なし

カードローン会社の評判の最新記事8件